思ひ出を徒然なるままに綴っていこうと思います
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓よろしければ、ポチッとおねです~♪
拍手する

↓にほんブログ村の三onランキングに参加しています^^
 ここもポチッとおねがいします<(_ _)>
にほんブログ村 ゲームブログ 三國志Onlineへ
にほんブログ村
箱の中身は空けてみないとわからない
2010年01月17日 (日) | 編集 |
わんわんわ~
白爪草です





今日、こないだ封切された映画を見てきました
それは・・・





かいじゅうたちのいるところ





CM見て惹かれましてね~
なら思い立ったが吉日というわけで見に行ったのですが・・・


CMでは大絶賛とか抜かしておりましたが、
結論から申しますと・・・





おもいっきりつまらない;;





あまりにも芸術性が高すぎて何が何やらw
表現抽象すぎますね~


ざっと流れを書きますと

・家族に構って欲しいのに構ってくれないことに感情をもてあます少年
・そのイライラが原因で親と喧嘩
・喧嘩して家を飛び出し池のボートに乗る
・たどり着いた先は怪獣たちのいる島
・そこで怪獣たちと触れ合う
・島に来たボートに乗って家に戻る

ってのがおおまかな流れです


怪獣が何なのか自分なりの解釈ですが、
怪獣は人間が持つ色々な感情を実体化したものなんでしょう


少年がそれと向き合うことで、
なんらかの成長を遂げるってのを描きたかったのかと思います


原作が絵本なだけに不思議な世界観はあるのですがただそれだけ
直接心にぐっとくるようなシーンは何一つありません


ハートウォーミングな作品かといいますと、
全然そういうのではないのでCMに釣られると失敗しますw





というわけで、
お勧めできる映画ではありません


DVDになって買うんじゃなくてレンタルして、
「あぁ意味分かんねぇ」と感じていただければ十分な作品ですw


↓よろしければ、ポチッとおねです~♪
拍手する

↓にほんブログ村の三onランキングに参加しています^^
 ここもポチッとおねがいします<(_ _)>
にほんブログ村 ゲームブログ 三國志Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。