思ひ出を徒然なるままに綴っていこうと思います
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓よろしければ、ポチッとおねです~♪
拍手する

↓にほんブログ村の三onランキングに参加しています^^
 ここもポチッとおねがいします<(_ _)>
にほんブログ村 ゲームブログ 三國志Onlineへ
にほんブログ村
「いいとも~!」と観客からの応えがない「いいとも~!」は悪夢だと思う
2011年06月16日 (木) | 編集 |
とある言語学者が言い残した。





「言葉の間違った使い方の浸透を確認した時点で、その使い方は世間には正しい使い方と認知されている」





例えば、「全然」。

この言葉は本来、「全然関係ない」との様に語尾に否定形が付くのが正しい使い方である。

しかし、現在この言葉、「全然大丈夫だよ!」などの様に肯定文をさらに強調するような使い方をする。

間違っているとは分かっていても、思わず使ってしまい、しかも、違和感を感じない。

間違った使い方なのだが、それが世間で使われ受け入れられたのなら、

それはもはや新たな正しい使い方と認知せざるを得ない。




そんな言葉がもうひとつある。

それは「萌える」。

かわいいキャラの容貌や仕草を見て、「やべww萌えるwww」などの様に現在使われている。

しかしこの使い方は本来の使い方とは異なる。

そもそも「萌える」は、「萌ゆる若葉」や「若草萌える野山」などの様に、「草木が芽を出す」ことを意味する。

そして、「芽吹き」の「初々しさ」が転じて、「初々しい人の仕草」を「萌える」と表現するのである。

よって、かわいさだけを見て、それに「萌える」と使用するのは間違った使い方なのだ。

「かわいく」てもそこに「初々しさ」がなければ、それは「萌える」のではない。

「初々しさ」があってからこそ、人は萌えるのだ。




言葉は生きている。

時代と共に色々な使い方が生まれ、そして使われなくなった使い方が死んでゆく。

これが言葉の特性とするならば、間違った使い方が発生することは不可避的なことだといえる。

しかし、だからといって、それに甘んじるわけにはいかない。

言葉は正しい使い方をしてこそ、その美しさを放つのだ。

特に、この「萌える」。

この言葉は正しい使い方をすると非常に美しい輝きを放つ。

志賀直哉の本を読んでいて、「萌える」の使い方に感銘を受けたのを鮮明に覚えている。

「萌える」の使い方が正しく使われていく事を切に願う。



話はがらりと変わるが、このSSを見てもらいたい。















エリーン01
















やべww萌えるwww





なに、このキャラw狙いすぎでしょww
てか蔓延る犯罪臭がすげぇwww

これ絶対狙ってるってw
薄い本すぐできちゃうってww

こいつTERAの種族のひとつ「エリーン」っていうんだけど、
俺ははじめ見たとき「エーリン」に見えちゃったからねw

俺がダメなのか、このキャラデザした奴がダメなのか、それは分からないけど、
こいつを1stで使う度胸は俺にはないw



グダグダグダグダとくだらないこと書いてきたけど、
何が言いたいかと申しますと…





TERAのCBTに応募しました!!





もし、当選してTERAの世界でお会いする事になったのなら、
仲良くしてねw





PS.
あぁ、それとTERAってさ、検索すると「寺ではありませんか?」って言われるよね?
たぶん、スラングは「寺」になると予想しておりますw


↓よろしければ、ポチッとおねです~♪
拍手する

↓にほんブログ村の三onランキングに参加しています^^
 ここもポチッとおねがいします<(_ _)>
にほんブログ村 ゲームブログ 三國志Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。