思ひ出を徒然なるままに綴っていこうと思います
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓よろしければ、ポチッとおねです~♪
拍手する

↓にほんブログ村の三onランキングに参加しています^^
 ここもポチッとおねがいします<(_ _)>
にほんブログ村 ゲームブログ 三國志Onlineへ
にほんブログ村
漢は背中で語るもの・・・ ということはおしゃべりな俺は「漢」じゃないなw
2010年01月26日 (火) | 編集 |
わんわんわ~
白爪草です





最近、だらだらどうでもいい記事ばっかり書いていたので、
少しパンチのある記事を書こうと思います


内容は対人についてなのですが、
自論でうっとおしく感じるかもしれませんので追記にしました


参考になるもんでもないので、
それでもよろしければどうぞです^^







↓よろしければ、ポチッとおねです~♪
拍手する

↓にほんブログ村の三onランキングに参加しています^^
 ここもポチッとおねがいします<(_ _)>
にほんブログ村 ゲームブログ 三國志Onlineへ
にほんブログ村

もうそろそろ黄河では部戦大会が近いのか、
部戦に闘技に盛んであります


特に部戦がいつも以上に盛り上がって、
板もたくさんでています


各部曲大会に備えて練習しているのでしょうね~
自分も傭兵ではありますが度々参加させてもらっています


そんな中よく耳にする言葉があります
それは・・・





連携





「連携を確かめよう」とか
「連携の練習」とか


これ聞くたびにいつも自分は思うんですよね~





連携を先に意識する必要があるのか?





って


自分は正直言いまして、
連携を追い求めるのは二の次三の次かと思います


タゲ合わせを連携っていえば連携かもしれませんが、
それは双手にとっては当たり前のことですし


奇策は一種の連携かもしれませんが、
特殊すぎる気がします





闘技やってて感じますが、
上手い双手が2人いれば勝手にタゲ合うんですよね~


それはなぜかというと
互いに双手の動き方がわかっているから


戦@2の3人戦だとしても戦の動き方を理解している二人なら、
デバフが重ならないよう味方の戦を気にして動きますし


動き方なんか人それぞれと思うかもしれませんが、
強さを追求してくと自然と似たような動き方に収斂されていく気がします





だから思うのですよ
個人個人の底力が自然と連携を形づけているだけじゃないかなと


個人個人がどれだけ自分の職の役割を理解しているのか
対人で効果的な技能を選択しているのか


職編・戦法に応じて動き方を変えているのか
味方へのフォローができているのか


盟主ならばどれだけ各状況に対応できるか
迅速な指示が出せるのか


等々色々ありますが、
どれもこれも個人の底力かと


もし強くなりたいのなら、
何回も闘技回したほうが効果的なんじゃないかな~って思います


たしかに部戦には部戦の感覚ってのがありますが、
それは最終段階で調整すればいいだけ





と色々思いましたが、
強くなりたいといってもその目標にたどりつく過程は人それぞれですよね^^;


部戦でみんなとワイワイガヤガヤやって強くなりたい人
闘技に通いつめて対人の理解を追い求めて強くなりたい人


他にも道はいろいろあると思いますが、
自分を上記二つから当てはめると確実に後者


だから「連携より先に必要なものがある」
なんて思うのかもしれません





というわけで今回はほんと抽象的なことを書きました
参考になるような内容じゃなくてすいません><


ただ連携云々を意識する以前に
大切なものがあるんじゃないかな~って話です^^
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
闘技について私の感じたことを書きます。
私の場合今双49ですが、突進2→剛撃→連撃2→突進1→連撃1で倒せないと連撃1のリキャ待ち中に反撃されることがありました。
一連の流れのどこかで適中が入れば双ならば倒せますが、盾・槍はかなり硬くて倒せませんでした。
暴虐・強力があると変わるのでしょうけれど強力無しの49ではこの流れで倒すのが精一杯です。
何百敗もした私ですが、闘技は個人戦の延長だと思っています。
連携するとすれば2人で1人に当たったり、3人で2人に当たったり、1人が2人を止めたりというような捨て石になる人を作って自軍を勝利に導く事くらいしかないように感じました。
また、槍や双が自軍砦近くで相手に突っ込んで死んだ後に砦で復活して再度戦闘に参加するようなケースならば連携が生きてくると思います。
いくら連携しても個人と個人の当たり合いで倒せなければ(倒せないまでも相手を少しでも多く削れなければ)どうにもならないと思います。
闘技で各自が考えるべき事は、「相手の体力を少しでも多く削ること」、「自分が生きること」それだけだと思ってます。
2010/01/27(水) 12:52:47 | URL | 廣益嬢 #31Uy1/4k[ 編集]
久しぶりに対人の記事が、しかも熱い!

連携をどうのこうの言う前にまずは基本的な事をしっかりできるようにしたほうが強くなれそうですよね、対峙中にバフをしないとか、体力減ったら下がって回復とか、闘技で今はイベ中でもあるし基本的なことをできるようになったほうがPS上がりそうですね、
実際白爪さんみたいに闘技しかしてない人が4~5人集まったら打ち合わせなしでも連携をどうのこうのいってる部よりかは確実に強いと思います。
2010/01/27(水) 14:19:59 | URL | 火惨 #-[ 編集]
コメントありがとうございます^^
>廣益嬢さん

基本、対人は個人個人のぶつかり合いですもんね~
そこで勝てなきゃきついもんがありますね><

「相手の体力を少しでも多く削ること」、「自分が生きること」は双手にとって大切なこと
これを念頭に置けば、おのずとチョイスする技能、装備、動き方が決まってくるかと思います^^


>火惨さん

基本的な動きは重要だと思います
これがちゃんとしているかどうかで差が出ることも多いですよね~

「実際白爪さんみたいに闘技しかしてない人」
ししし、失敬な!!
ちゃんと闘技以外!!
と、闘技以外・・・
と、とうgi・・・
・・・

闘技以外やってませんwww
2010/01/28(木) 21:49:12 | URL | 白爪草 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。